Phoxs
    App Store 960_line1 Phoxsについて
    写真集 960_line1
 
960_line2

Title:

「By the way」~ニュージーランドの憧憬~ 


Photographer:

秦 達夫 


言語:

日本語 


カテゴリ:

自然・風景 


写真家ホームページ:

秦達夫オフィシャルサイト 


Copyright(c) 秦 達夫 All rights reserved.

ニュージーランドとの出会いはある雑誌がきっかけだった。アシスタント時代から海外取材は数多く訪れ、既にアラスカは僕の作品フィールドとして時間と資金が調達できたときに通っていた。勿論、日本国内の自然風景の取材も重ね日本の魅力を自分なりに探り試行錯誤を繰り返していた。歴史や美しさは既に多くの写真家が表現の対象として取り組んでおり自分の眼差しを活かすテーマを探す過程なのだが。そんな中、ニュージーランドに行くお仕事を頂いた。調べてみるとニュージーランドはオーストラリア大陸に寄り添うように位置し南半球ではあるが中緯度にあり南北に長く四季が明確にある。日本はユーラシア大陸に寄り添う長い列島であり、非常に両国の環境は酷似している事が分かった。ただ、日本は暖流である黒潮の影響を大きく受け氷河は消滅しているがニュージーランドは南極から流れ込むタズマン海流の影響で氷河が残っている。我が師匠である竹内敏信は「比較することで本質が見えてくる」と唱え自らも日本とヨーロッパをテーマの対象として多くの作品を残している。私もそれに肖りニュージーランド行脚を始めたのだ。言い方を変えれば日本を撮る為にニュージーランドの旅を始めたのだ。まだ、その旅の途上なのだが今回はその一端を見ていただきたいと思い、この写真集を編んでみた。本質などと堅いものではなく見たままを気ままにセレクトしているので次回の旅行プランを立てる時などにも役立つ写真集になっているのではないかと思う。
桜の季節が通り過ぎる4月我が書斎にて写真家秦達夫

プロフィール
●秦達夫(はたたつお)
1970年長野県生まれ。自動車販売会社退職後、バイクショップに勤務。後に家業を継ぐ為に写真の勉強を始めるが写真に自分の可能性を見出し写真家を志す。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。故郷の湯立神楽「霜月祭」を16年間取材した『あらびるでな』で第八回藤本四八写真賞受賞。『山岳島_屋久島』写真集(日本写真企画)は8年間で400日を越える取材を敢行。小説家・新田次郎氏『孤高の人』の加藤文太郎や『アラスカ物語』のフランク安田に憧れている。
・日本写真家協会会員・日本写真協会会員
・Foxfireフィールドスタッフ・クラブツーリズム講師
●主な仕事内容
アウトドアや風景を中心とした撮影。写真雑誌や旅雑誌への執筆。カタログイメージの撮影。カメラメーカーやフィルムメーカーの写真教室(デジタル&銀塩)旅行会社主催の撮影ツアー指導
●秦達夫オフィシャルサイトhttp://hatatatsuo.com/
●ブログ「夢(む)写(しゃ)志(し)」http://t-flag.blog.ocn.ne.jp/hata/
●個展
2003年04月天空写真展「さくら」新宿住友三角ビル開催
2003年11月神々との戯れ-霜月祭-全国キヤノンサロンにて開催
2006年08月PhotogenicIslandAotearoa~ニュージーランド憧憬~
キタムラギャラリーにて開催
2008年04月天空の湿原「尾瀬」玉川高島屋にて開催
2012年01月「山岳島_屋久島」写真展キヤノンマーケティングジャパン本社ビル
Sギャラリー
2014年12月霜月祭「あらびるでな」キヤノンギャラリー銀座・仙台・名古屋
●受賞歴
2012年第八回藤本四八写真賞受賞

【写真集情報】
ページ数:100
ダウンロードファイルサイズ(KB):266,985

【注意】当写真集内の写真の著作権はすべて写真家に帰属します。著作権者の許可なく、複製、公衆送信、改変、切除、転載等の行為は著作権法により禁止されています。

 

960_line2